健康話

更年期?ホットフラッシュ?エクオール?その関係は

更年期障害の基礎知識 どんな症状?

自分の体にとって今まで未知のものであった更年期障害が、ついに現実のものとなったと知った時の衝撃は決して小さいものではないに違いありません。
更年期は人によって始まる時期が違いますが、普段から健康に気をつけてサプリメントでの栄養補給をすることは良いことです。
一般的には閉経の前後を更年期といいますので、45歳から55歳位までの期間がそれに当たりますが、あくまでも原因は女性ホルモンの減少であり、それに伴う症状が顕在化したのが更年期障害ですから、35歳位から起こることもあるのです。更年期障害の口コミサイトで確認しましょう →更年期障害 症状
症状は、意味もなくイライラしたり、気分にムラが多くなったり、感情の起伏が激しくなったり、元気ややる気が出ないなど様々です。
何となく変だなと感じたら、サプリメントで改善されないものか試してみるのも一つの手段です。

更年期障害になりやすい年齢のめやす

更年期障害になりやすい年齢の目安は閉経前後の10年間、45歳から55歳ぐらいまでとされています。
更年期障害と言ってもその症状は人によって違い、動悸や息切れ、ほてり、イライラ、不眠、肩こり、腰痛、倦怠感など数えきれないほどの症状があります。
症状の改善のために病院を受診する人も多いようですが、このような症状に悩まされている人のために今では手軽に服用できるさまざまなサプリメントが販売されています。
ネット通販のサイトなどには購入者の口コミや、その商品がどのような症状に効果的なのかなどの商品情報も掲載されているので、症状に合わせて自身に合ったサプリメントを選ぶ事ができます。
更年期障害でお悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

更年期と関節痛の関係

女性ホルモンのエストロゲンの減少により、更年期障害は起こります。
その症状は様々で、精神の変化や、肉体の変化など、いろいろな形となって現れます。
精神的なものとしては、イライラしたり、悲しい気持ちになったり、落ち込んだり、元気が出ないなど、いいことはありません。
また肉体的なものとしても、疲れやすい、顔がほてる、汗が噴き出る、寝付きが悪いなど、これでもかというようなラインナップです。
おまけにエストロゲンの減少により体内のカルシウムが不足して、関節痛を起こしやすくなりますから、更年期障害は、正に踏んだり蹴ったりです。
改善策としては、サプリメントを摂ることで栄養素を補い、体質の改善を試みることです。
但しサプリメントは栄養補助食品ですので、症状の改善が少しも見られない場合は医師の診断を仰ぐことも忘れてはいけません。

ホットフラッシュが起きる仕組み

ホットフラッシュが起きるのは、更年期などが要因です。それが起きる仕組みは、卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンの分泌が減り、自律神経が乱れるからです。
厄介な事に、自分の意思とは関係なく起こってしまうホットフラッシュ。友人との会話中や、朝の支度中等に、急に顔が火照って、大量の汗をかいてしまうのです。そんな時の緊急対処方としては、首筋にウエットティッシュや、汗ふきシートを当てます。扇子も常に持ち歩くようにしておけば、扇いで風を作れます。服装は普段から風通しのよいものを着用しましょう。食生活では、コーヒー、紅茶、カフェイン類を避ける、辛いものを食べないようにする、また、お酒も飲まないほうが良いでしょう。

ホットフラッシュの肌着の選び方

ホットフラッシュは汗を大量にかいてしまうため、快適に過ごすには肌着の選び方がポイントになります。汗で湿ったままの状態でいると、ホットフラッシュが治まった時に冷えて体温が奪われてしまうので、速乾性の高い素材を選ぶようにします。
汗をかいた後のニオイ対策も重要です。消臭加工や抗菌防臭効果が施されている肌着にすると、汗をかいた時や洗濯物が生乾きの時に発生するような嫌なニオイを軽減してくれます。
ホットフラッシュで短時間にたくさん汗をかいてしまうと、シャツなどに汗ジミが浮き出てしまう心配もあります。汗の量が多い場合にはワキ部分のパットが大きい物を選ぶと吸収力が高まるので安心です。汗がアウターに染み出てしまわないように、十分に汗を吸収できて、速乾と消臭や抗菌効果が得られる素材選びをすると、大量に汗をかいても慌てることなく清潔感をキープできます。

ホットフラッシュと自律神経の関係

更年期に一番多く見られる症状のホットフラッシュは、自律神経の乱れと深い関係があります。生活環境・自分の意思・季節や気温などに関わらず、のぼせや火照りが起こり急に顔が熱くなり、首やワキ、背中などにも一度に大量の汗を掻いたりしてしまいます。
更年期に入ると卵巣機能の低下により、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。これが血管収縮のコントロールを崩し、血行不良の状態が起きてホットフラッシュとなります。
女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、大脳の視床下部や下垂体と関係しているため、エストロゲンの分泌が減ると交感神経と副交感神経を司る自律神経の乱れの原因となります。その結果、交感神経が優位になってしまいホットフラッシュ症状を招くことになるのです。

エストロゲン活性とエクオール

女性ホルモンの中でもエストロゲンは女性に大きな影響を与えるものです。血中コレステロールを調整したり、骨を丈夫に保ったり、乳房を発達、維持させたり、生殖器官を発達、維持させたり、自律神経のバランスを保ったり、皮膚のコラーゲンを生成して張りを保ったりとしてくれるのです。その女性ホルモン、特にエストロゲンが減少し始める40歳代半ばから50歳代には、さまざまな心身において不調が起きてきます。
それを軽減し、改善するために、エクオールという成分のサプリメントを摂取することです。エクオールはエストロゲンに似通った形をしていて、女性ホルモンの低下した体内でエストロゲン受容体に結合することで、エストロゲン活性となるはたらきをするのです。それをサプリメントとして摂取することで、いろいろな症状の軽減が期待できるのです。

エクオールと3種類の大豆イソフラボン

最近話題になっているサプリメントに、エクオールがあります。女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをし、更年期障害や月経前症候群の緩和に効果的であると言われていて、大変注目されています。大豆イソフラボンにはダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインの3種類があります。このうち、ダイゼインが腸内細菌によって代謝されることで、エクオールに変化するのです。そのままダイゼインとして体内に吸収されるより、更年期障害や月経前症候群に対して高い効果を発揮すると言われています。
エクオールは大豆イソフラボンが代謝されることで生成されるため、それ自体を含む食品はありません。しかし最近では直接摂れるサプリメントも発売されているので、うまく活用することでより効果を実感することができます。

Copyright © 2015 健康話 All Rights Reserved.